ビジネスモデル特許を考えましょう

ビジネスモデル特許を考えましょう!

まずは特許出願をする目的を
確認します。

いろいろありますが、以下の3点
①自社の製品やサービスの特許を取得し、
市場を確保すること。

②他社に特許を取られないようにするため
防衛目的。

③第三者にライセンスするため。

ここで、気を付けなければならないこと
は、特許出願により内容が公開される
ことです。

したがって秘密にしておきたいことは、
特許出願せずにノウハウとして
秘密保持しておくことも考えるべきです。

ケースバイケースで、判断すべきです。

ノウハウとして保持する場合には、
「秘密管理体制の確立」を努力
するようにしなければなりません。

私の勤務していた大手メーカーでは、
これがしっかりなされていました。

しかし中小企業では、
「秘密管理体制の確立」が不十分な
ところが多いのではと思います。

何より重要な特許を取る意味を考える、
大げさに言えば特許戦略を考える必要
があります。

関連記事

  1. 知的財産権講座第13回:パリ条約
  2. 知的財産権講座第241回:台湾で「さぬき」商標登録無効
  3. 知的財産権講座第249回:著作権と所有権の違い
  4. 知的資産経営その14
  5. 知的財産権講座第118回:著作物を譲り受ける際には注意しましょう…
  6. 知的財産権講座第61回:発明の新規性
  7. 知的財産権講座第62回:新規性が失われた場合の例外
  8. 知的財産権講座第60回:知財検定

最近の記事

PAGE TOP