間違いだらけの契約書作成

自分で契約書を作成しようと思いました。

そこで、インターネットで探せば、
契約書をひな型を無料で手に入ります。

それを元に、自分で契約書を作成すればよい。

しかし、そこには以下のリスクがあります。

●自分の契約内容にぴったり合わない

契約書をひな型を、そのまま利用しても
あなたのビジネスに、ぴったりと
当てはまるとは、限りません。

契約書の項目が足りなかったり、余分なことが
書いてあったりする場合があります。

適切な契約書を、作成しないと後で
トラブルになる場合があります。

手っ取り早く、似たようなビジネスをしている
他人の契約書をパクる(模倣する)

この場合は、
●他人の契約書の内容をマネすると著作権侵害に当たる
可能性があります。

そもそも契約書は、著作物に当たるのか?

ウエブサイトの利用規約について、
内容によっては、著作物に
当たるとの判例があります。

「通常」の利用規約であれば、著作権の侵害
に当たらない場合が多いと思われます。

しかし、著作権の侵害かどうかの
判断はわかりにくいです。

契約書の内容が、著作権侵害に当たるリスクも
あり得るかもしれないということです。

では、これらのリスクを避けるために契約書の作成を、
弁護士や行政書士などの専門家に頼めば、それでOKか?

この場合でも、弁護士や行政書士などの
専門家に、自分のビジネスを把握してもらい
適切な契約書を作成してもらう必要があります。

関連記事

  1. この世から契約書で悩む経営者を無くしたい
  2. ラブレターを送ることも行政書士の仕事です
  3. 英語ができないと生き残れない行政書士
  4. 気軽に相談できる専門家とのつながりを持とう
  5. 結婚相手紹介サービス業の方は、大切なお客様です
  6. 行政書士の著作権の仕事とは?
  7. 口約束ではなく契約書を作成しましょう
  8. 特に中小企業には契約書作成ができる人は少ない

最近の記事

PAGE TOP