顔写真の法則

ある日のこと私は、行政書士と書かれたシンプルな名刺を

異業種交流会でもらいました。

その名刺には顔写真はありませんでした。

なぜ名刺に顔をのせないのか?

気恥ずかしいから、容貌は変わるからか。

その人は顔写真の法則を知らないようでした。

ご本人の顔をのせた広告とのせない広告との比較では、

顔をのせた広告が集客数が多いというデータがあります。

えっ!

実際に会ったら別人のようだった。

と言われないようするために、
5年振りに、プロフィール画像を変更しました。

行政書士登録のためには、証明写真が5枚必要です。
そこで、証明写真を撮影しました。

その画像を新しくブログのプロフィール画像にしました。
気分一新です。

何年も同じ画像を使っているのは、実際に私と会った際に

違和感を感じるのではと思います。

どのくらいの頻度で、ブログのプロフィール画像

を変更はしますか?

5年か10年か20年か?

さすがに20年経つと容貌が変化すると思うので
変更でしょうね。

 

関連記事

  1. 知り合いの独立中小企業診断士から学ぶ(3)
  2. 即決即断でいきたいものです
  3. 行政書士は身近な存在か?
  4. 土日に起業相談をしたい
  5. 自宅で仕事しているフリーランスの特権
  6. 「サザエさん症候群」と行政書士開業のメリット
  7. 趣味は資格を取ることです
  8. 行政書士の実務で役立つ法律

最近の記事

PAGE TOP