美容サロンも、行政書士のお客様です

美容サロンで、化粧品を販売するには、
申請が必要な場合
があります。

 

もちろん美容室開業営業許可申請は、
行政書士の仕事
です。

 

思わぬところで、いろんな商売をやっている人
と関係があります。

 

・海外から化粧品を輸入、販売したい

 

・国内外の化粧品を仕入れて販売したい

 

・サロンなど店舗で化粧品等を販売したい
ので、その許可申請

・自社で化粧品を製造、販売したい

 

女性起業家の中には、

最近 手作り石鹸や化粧品を作キットなども
出回るようになって
自分で手作りした石鹸や化粧品を販売したい

 

化粧品の製造、輸入、販売
においては、薬事法の規制を
満たさなければなりません。

 

 

化粧品の製造や輸入、販売の際の申請
や届出の書類を作成し代行、
相談及び提案
するのは、
行政書士の仕事です。

 

化粧品

関連記事

  1. 行政書士の将来性は?
  2. 輸入化粧品の販売をサポートします
  3. サラリーマンの副業行政書士という選択
  4. 素人の斬新なアイデアが求められる
  5. エコの話(廃棄物とリサイクル)
  6. 行政書士と税理士の業務のいい関係
  7. 自分で許認可申請をしますよ
  8. 本当に忙しいとブログ更新ができない?

最近の記事

PAGE TOP