美容サロンも、行政書士のお客様です

美容サロンで、化粧品を販売するには、
申請が必要な場合
があります。

 

もちろん美容室開業営業許可申請は、
行政書士の仕事
です。

 

思わぬところで、いろんな商売をやっている人
と関係があります。

 

・海外から化粧品を輸入、販売したい

 

・国内外の化粧品を仕入れて販売したい

 

・サロンなど店舗で化粧品等を販売したい
ので、その許可申請

・自社で化粧品を製造、販売したい

 

女性起業家の中には、

最近 手作り石鹸や化粧品を作キットなども
出回るようになって
自分で手作りした石鹸や化粧品を販売したい

 

化粧品の製造、輸入、販売
においては、薬事法の規制を
満たさなければなりません。

 

 

化粧品の製造や輸入、販売の際の申請
や届出の書類を作成し代行、
相談及び提案
するのは、
行政書士の仕事です。

 

化粧品

関連記事

  1. 行政書士と弁護士との縄張り争い?
  2. 行政書士の顧客ターゲットは絞れ!
  3. 起業に大きなチャレンジは必要ない
  4. 専門にした業務以外で依頼がきたらどうするか?
  5. 行政書士は、今さらながら許認可業務のプロです
  6. 時給を1時間1万円ぐらいで設定しています
  7. 行政手続オンライン化で行政書士は不要になる?
  8. 読書量が経営者の器を変える

最近の記事

PAGE TOP