化学系なら行政書士になろう

材料技術だけでなく加工技術と製造技術の開発、
市場調査、品質管理、商品企画などの
幅広い分野へに取り組んできました。

新製品の企画から、開発、生産までの
包括的なサポートをして業界初の新製品を
事業化しました。

技術分野の特許明細書作成、中間処理、
特許調査、文献調査、特許出願推進、
特許侵害訴訟などに長く従事しました。

知的財産権を事業経営に活かすことも
出来ました。

 

法律との関わり、興味を持ったのは
特許、商標の仕事をしたからです。

 

法律系の資格として、行政書士の資格を
取得しました。

 

化学と法律を生かした仕事は、たくさんあります。

化学系なら行政書士になろう!

関連記事

  1. 法律用語はわかりやすい言葉で説明する
  2. 輸入化粧品をネット販売するためには?その2
  3. 集客は詐欺師を見習え
  4. 割に合わない仕事は、お断りしています
  5. コンビニのように24時間営業はしていません。
  6. 行政書士の資格では食えない?(2)
  7. 行政書士と弁護士との縄張り争い?
  8. 情報発信は専門家としての価値を上げる

最近の記事

PAGE TOP