個人事業主になってよかったこと、その2

このところ、孤独な作業が続いています。

ホームページの原稿準備、業務のメニュー作成など
部屋にこもって黙々と作業しています。

地味な作業ですが、この時間が最高の価値を
生み出す貴重なものと思っています。

とはいっても、1日中、一人で部屋にこもって作業を
していると、効率が落ちてきます。

そういう時は、気分転換を図ります。

自宅近くのスポーツクラブで汗を流し気分転換します。

エアロビクスは体にもよいです。

 

 

またノートパソコンを持って自宅近くの市の交流施設

に行き作業します。

 

あるいは、自宅でフリーランスをやっている知人
を呼び出して話をします。
1時間でも、気分転換が図れます。

このように気分転換を図れるのが個人事業主の
よいところです。

休み、仕事の時間も量も自由に決められる

これは大きなメリットだと感じています。

 

関連記事

  1. 読書量が経営者の器を変える
  2. 行政書士と社会保険労務士の業務のいい関係
  3. 週末だけの行政書士活動は可能か?
  4. あなたは、お金を捨てる勇気を持てますか?
  5. 情報発信は専門家としての価値を上げる
  6. フリーランスになってのメリットその2
  7. こんな人はネットショップ古物営業にふさわしくない
  8. 行政書士開業前の人脈の作り方

最近の記事

PAGE TOP