気軽に相談できる専門家とのつながりを持とう

ビジネスにおいては、当事者間で契約をする
ことが多くあります。

売買契約、システム開発委託契約、レンタル契約、
ライセンス契約など。

口約束で、契約は成立します。
契約書を交わすことは、不要です。

しかし、口約束だけでは、内容があいまい
となり、後でもめごとの元となることが
あります。

トラブルを予防するために、契約書として
書面化して残ししておく必要があります。

契約書作成は、インターネットで「ひな形」
や「書式集」が出回っています。

これを使えば、まねすれば契約書作成は、
簡単です。

果たして、そうでしょうかはてなマーク

「ひな形」や「書式集」は、一般的な内容です。
必ずしも、自分の契約内容にマッチしているとは
限りません。

形式はよりも、「誰が、いつ、どこで、何を」
契約したのか、
法律上、注意すべき点は何かはてなマーク
が重要です。

契約書作成やチェックに不安があるなら、
弁護士や行政書士などの専門家に相談
してみましょう。

書面そのものの作成から頼むと、通常は
数万円の費用がかかります。

相談だけなら、5千円から1万円くらいです。

気軽に相談できる専門家とのつながりを
持っていると、心強いものです。

 

関連記事

  1. フリーランス(個人事業)が注意すべき下請法
  2. 行政書士の全国対応の仕事とは?
  3. 講演会やセミナーに行ってハズレとならないために
  4. 通信販売にはクーリングオフは適用されない
  5. 英語ができないと生き残れない行政書士
  6. 新たな業務提携をすすめています
  7. 「婚前契約書」の作成
  8. 間違いだらけの専門家の選び方

最近の記事

PAGE TOP