行政書士の資格では食えない?(2)

世間一般の噂では、

•行政書士では食えない
•年収300万円くらい
•公務員が定年後にする仕事

と言われることもあります。

一方では、

•行政書士開業1年で年収1000万円
•専業者の10人に1人は年収1000万以上
•平均年収600万円
•業務の幅が広く、仕事に困らない

など、資格に関心がある方が希望を
持てるような情報
も溢れています

どちらも、ありだと思います。

行政書士だからというより、
サラリーマンだって、何の職業だって
ピンからキリまであります。

 

そもそも食える、食えないとは
どう判断するのでしょう

一人で生きていけるくらい

夫婦と子供2人の平均的な家庭の場合

共働きの場合

サラリーマンの平均年収くらい

行政書士の平均的な報酬、仕事内容から
推測して、一人で開業している場合
年収1000万は無理でしょう。
補助者を雇用しないと無理だと思います。

サラリーマンで、大手メーカー勤務で
年収1000万は、簡単にはもらえませんね。

今、開業して私の年収を稼ぐように
なるには、すぐには無理でしょう。

 

どの世界でも、能力とやる気バイタリティ、
努力があれば成功するでしょうしね

頑張ります

関連記事

  1. 「退職ナビ」の記事を私が監修をしました
  2. 有料の情報にこそ価値があります
  3. エコの話(廃棄物とリサイクル)
  4. 行政書士の資格では食えない?
  5. 行政書士の職域を知らないと逮捕されます
  6. 「大富豪の投資術」から学ぶ
  7. マーケティングの勉強が必要!
  8. 行政書士の産業廃棄物業務とは?

最近の記事

PAGE TOP