職業を「食業」にしない働き方

仕事の目的は、何か

 

何のために働くのか

 

その答えとして、食べるために働いている。

 

職業は、食べるために割り切って働くというのもあります。
生き方として、否定できるものではありません。

 

しかし、目標に向けた自己実現のために
働く
ということがよいと思います。

 

今、サラ―リーマンとして働いていて
職業を「食業」になっていると感じたら
、そしてそれが変わりそうもないと
感じたら、「起業」を考えてみる
とう手段もあります。

 

また、サラリーマンであっても起業家で
あっても職業を「食業」にしないことです。

 

「自分の仕事は、自分の一生を充実させるためにある」
小説家である武者小路実篤の言葉です。

 

私も、このような仕事人生を送りたいと
思います。

関連記事

  1. ホテル・リッツカールトンから学ぶ
  2. お客様の要望に応えるための人脈づくりをします
  3. 副業としての週末行政書士
  4. 化学系なら行政書士になろう
  5. 講演会やセミナーに行ってハズレとならないために
  6. 個人事業主になってよかったこと、その2
  7. 輸入化粧品の販売をサポートします
  8. 商品がなくても情報を発信することが重要です

最近の記事

PAGE TOP