職業を「食業」にしない働き方

仕事の目的は、何か

 

何のために働くのか

 

その答えとして、食べるために働いている。

 

職業は、食べるために割り切って働くというのもあります。
生き方として、否定できるものではありません。

 

しかし、目標に向けた自己実現のために
働く
ということがよいと思います。

 

今、サラ―リーマンとして働いていて
職業を「食業」になっていると感じたら
、そしてそれが変わりそうもないと
感じたら、「起業」を考えてみる
とう手段もあります。

 

また、サラリーマンであっても起業家で
あっても職業を「食業」にしないことです。

 

「自分の仕事は、自分の一生を充実させるためにある」
小説家である武者小路実篤の言葉です。

 

私も、このような仕事人生を送りたいと
思います。

関連記事

  1. 行政書士の許認可業務の共通点、これを押さえればOK!
  2. 行政書士の資格を活かす
  3. マーケティングの勉強が必要!
  4. 成功者には必ずメンター(人生のお手本となる人)がいた!
  5. たった90日で先生ビジネスは絶対儲かる!
  6. 「退職ナビ」の記事を私が監修をしました
  7. 成功している起業家は、お金を使う基準を持っています
  8. 「大富豪の投資術」から学ぶ

最近の記事

PAGE TOP