職業を「食業」にしない働き方

仕事の目的は、何か

 

何のために働くのか

 

その答えとして、食べるために働いている。

 

職業は、食べるために割り切って働くというのもあります。
生き方として、否定できるものではありません。

 

しかし、目標に向けた自己実現のために
働く
ということがよいと思います。

 

今、サラ―リーマンとして働いていて
職業を「食業」になっていると感じたら
、そしてそれが変わりそうもないと
感じたら、「起業」を考えてみる
とう手段もあります。

 

また、サラリーマンであっても起業家で
あっても職業を「食業」にしないことです。

 

「自分の仕事は、自分の一生を充実させるためにある」
小説家である武者小路実篤の言葉です。

 

私も、このような仕事人生を送りたいと
思います。

関連記事

  1. 行政書士同業者と双方にメリットのある道を探る
  2. 「サザエさん症候群」と行政書士開業のメリット
  3. 付き合わない人を決める
  4. 個人事業主になってよかったこと、その2
  5. 有料の情報にこそ価値があります
  6. 成功する人は売れていないときから人に任せる
  7. フリーランスになってのメリットその2
  8. こんなことまで行政書士に依頼するな!

最近の記事

PAGE TOP