数字に強い行政書士になる

行政書士は、法律に強いのは、当たり前として
プラスして数字に強いことが必要です。

簿記や経理の知識があった方がよいです。

行政書士は、これから事業を始める人、すでに

事業を始めた人が顧客の対象です。

経理の知識を持ち財務諸表なども読めることが必要です

また、許認可の申請、例えば建設業許可申請には
財務諸表を添付します。

商売を始めれば、会計帳簿の記帳は
必要です。

行政書士は、会計の記帳という仕事を会社を
起業した人から頼まれることがあります。

行政書士の仕事には、簿記や経理の知識が
必要となります。

また、
行政書士も経営者ですから、経理の知識を
持ち財務諸表なども読めることが必要です。

簿記や経理の知識をどうやって身に付け
ればよいのか?

資格や検定試験を受けることがよいです。

簿記3級位で十分です。

簿記3級を取ることで、簿記や経理の知識を
身に付けることができました。

私も、これまで知識の整理や新たな知識を
身に付けるために資格や検定試験を受けて
きました。

新たな知識を身に付けるためには資格を
取得するという方法がおすすめです。

関連記事

  1. 「法律家」である前に「起業家」たれ!
  2. 趣味は資格を取ることです
  3. あなたは、お金を捨てる勇気を持てますか?
  4. 個人事業主のメリットを感じています
  5. 行政書士登録の質問にお答えします
  6. 独立した人のうち60%が年収300万円以下
  7. 知り合いの独立中小企業診断士から学ぶ(3)
  8. 返報性のルールを大切にします

最近の記事

PAGE TOP