知財コンサルティングの具体的内容

著作権関連の業務以外の、業務について
紹介します。

知財コンサルティング、知財コンサルタント
一般の人は、イメージが湧かないです。

発明を、特許出願するための相談・支援

商標を出願・登録するための相談

そうでは、ありません

まずは、
経営者を含む従業員のヒアリング
保有している知的財産の棚卸し

知的財産の現状の把握と分析をします。

これに基づいて、企業側のニーズに合う
コンサルティング計画を立案します。

●特許調査を用いた市場分析の支援

場合によっては、
「知的資産経営報告書」を、作成し
活用します。

●社内の知財関連人材の育成支援

●社内の知財管理体制の支援

特許出願明細書の作成や、特許庁との
やり取りなど、特許出願の現場を知っている
必要があります。

そうしないと、知財コンサルティングが、
現実的なものとならないからです。

この中で、発明などのアイデアが生まれれば、
提携している特許事務所につなぎ、
特許出願を行います。

関連記事

  1. 大量のお仕事の依頼がきました
  2. 私の知的財産業務への道(2)
  3. 知的財産権講座第139回:楽しく学ぶ著作権・問題編
  4. 知的資産経営その17(共同研究開発契約)
  5. 知的財産権講座第75回:特許出願の拒絶理由通知への対応(4)
  6. 知的財産権講座第224回:ビジネスモデル特許とは何か?
  7. 知的財産権講座第93回:外国出願の補助金制度を使う
  8. 知的財産権講座第274回:特許侵害の警告状を送付

最近の記事

PAGE TOP