セカンドライフとしての行政書士のススメ

本業ではなかなか成立しにくい行政書士業務ですが、
セカンドライフとして始めるのであればある程度余裕を
もってすすめていくことができていると思います。
1.年金と事業収入とを組み合わせた老後の収益プラン
40年間近くの組織生活を経て、60歳以降で自分の
ビジネスをスタートさせる場合の収益プランでは、
これまでの貯金(退職金を含む)と、これから支給される予定の
年金を生活費のベースとして、その上でさらに必要
と想定されるだけの事業収入を起業によって得ようと
考えることができます。
2.自分のやりたいことを追求できる
現在の60歳といえば、体力的にはまだまだ働ける世代である。
そこで会社を定年した後の「新たな挑戦」+「生き甲斐」として、
身の丈以上の成功よりも「自分のやりたいこと」を
追求しながら新しい事業を目指すことができます。
3.経験と実績、人脈から生まれる信頼
これまでの経験や実績から特化した分野を持っている
ということと、年齢や経験からくる信頼感は、
セカンドライフ起業のアドバンテージです。
また、これまでに築いてきた人脈を活かすことができます。
若年層のそれとは年季が違います。

関連記事

  1. 資格に上下は無い
  2. 集客は詐欺師を見習え
  3. 行政書士のビジネスモデルは難しい
  4. あなたの情報はオンリーワン
  5. プラス思考になるためにやっていること
  6. 資格には「信頼」という力がある
  7. 業務特化型の行政書士にならなければ
  8. 行政書士が経営センスを磨く方法

最近の記事

PAGE TOP