あなたは「自分の時間」を生きていますか?

「自分の時間」とは、自分の意思で、自らがやりたいことを
やっている時間です。
他人にコントロールされている「他人の時間」を
生きている限り、時間はいくらあっても足りません。
サラリーマンは、仕事では「自分の時間」はない、
ということは私の経験上はありませんでした。

 

ある程度、会社の中で「ポジション」を上げれば
「自分の時間」を生きられます。

私は、会社勤務のときは、技術職でした。
自由な社風で、研究開発を行うことができました。
勉強のため、希望すれば海外の学会にも行かせてもらいました。

情報入手のためいろいろな大学や研究機関、会社にヒアリング
にも出かけました。

 

恵まれたサラリーマン生活でした。
どのような仕事でも、やりがいはあります。
やりがいは自分の手でつくるものです。
研究開発に没頭したから、仕事が好きになりました。
発明を思いつき、それを実証するために自ら進んで
休日出勤をしました。
そして仕事が好きになりました。
好きこそものの上手なれ!
「自分の時間」を生きるためには、自分のスキルを
磨くことが重要です。

 

関連記事

  1. 行政書士開業はローリスク
  2. 技術アドバイザーとして登録しました
  3. 売れるものは頭の中にあった!
  4. 初めて環境法規制の御相談を頂きました
  5. 会社顧問になる際に注意すべき点
  6. 技術コンサルタントは魅力的な仕事
  7. 行政書士事務所の取扱業務
  8. あなたの頭の中にあるものは売り物になる

最近の記事

PAGE TOP