会社設立

  1. 会社設立(法人成りその3)

    個人事業者が法人成りしたらやるべきこと個人事業から法人事業に移行することを「法人成り」といいます。個人事業者が法人成りしたらやるべきことがあります。個人事業者が法人成りしたら個人事業で使用していた財産などを会社に移す必要があります。

    続きを読む
  2. 会社設立(法人成りその2)

    個人事業者が法人成りしたらやるべきこと個人事業から法人事業に移行することを「法人成り」といいます。個人事業者が法人成りしたらやるべきことがあります。個人事業者が法人成りしたら個人事業で使用していた財産などを会社に移す必要があります。

    続きを読む
  3. 会社設立(法人成りその1)

    個人事業者が法人成りしたらやるべきこと個人事業から法人事業に移行することを「法人成り」といいます。個人事業者が法人成りしたらやるべきことがあります。個人事業者が法人成りしたら個人事業で使用していた財産などを会社に移す必要があります。

    続きを読む
  4. 会社設立時の開業資金の借り方4

    創業者にとって利用しやすい融資制度創業者にとって利用しやすい融資制度としては、以下です。日本政策金融公庫の「新創業融資制度」各自治体が行っている「融資制度」会社を設立した創業時に金融機関から融資を受けることは大切な機会です。

    続きを読む
  5. 会社設立時の開業資金の借り方3

    創業計画書の書き方会社を設立した創業時には、いろいろと資金が必要です。設備資金や運転資金の確保が必要となります。多くの中小企業は、実績不足や返済の見込みが不透明という理由で、創業時に資金を融資してくれる民間の金融機関は、ほとんどありません。

    続きを読む
  6. 会社設立時の開業資金の借り方2

    日本政策金融公庫の融資会社を設立した創業時には、いろいろと資金が必要です。設備資金や運転資金の確保が必要となります。多くの中小企業は、実績不足や返済の見込みが不透明という理由で、創業時に資金を融資してくれる民間の金融機関は、ほとんどありません。

    続きを読む
  7. 会社設立時の開業資金の借り方

    会社設立時の資金の調達方法会社を設立した創業時には、いろいろと資金が必要です。設備資金や運転資金の確保が必要となります。たとえば事務所を借りれば家賃や保証金、事業に必要な備品、ホームページの作成費用などです。創業時には、資金の調達が重要な問題となってきます。

    続きを読む
  8. 会社設立を行政書士へ依頼するメリット

    会社設立の手続きを行政書士に依頼するメリット株式会社や合同会社や一般社団法人、NPO法人などの法人設立は、自分でもできることです。しかし手続きが複雑で思わぬ時間がかることになりがちです。自分で、会社設立の手続きを調べて、すべてを行うことは難しいです。

    続きを読む
  9. 会社設立の流れ25(本店所在地)

    定款作成時に留意すべき点絶対に定款へ記載しなければならない記載事項です。この記載事項が欠けると定款自体が無効となります。

    続きを読む
  10. 会社設立の流れ24(定款作成)

    定款作成時に留意すべき点◆問い合わせ株式会社を設立する際に、どのような点に留意したらよいのでしょうか?◆答え会社を設立するには、会社の組織や運営方法などの根本的な規則を定めたものです。会社のいわば、憲法のようなものです。

    続きを読む
ページ上部へ戻る