知的資産経営第16回:知的資産経営とは?

知的資産経営とは、どのようなものでしょうか?

 

知的「資産」というと、知的「財産」と間違われ
やすいです。

 

知的財産権=特許、商標、意匠(デザイン)、著作権等
の方が、まだ知的「資産」よりも馴染みがあるのでは
と思います。

①知的財産

知的資産経営は、知的財産権に知的財産権に
なじまないブランド、営業秘密、ノウハウなどを
加えたものが知的財産です。

②知的資産

知的資産ではないが、企業での「人脈」や
経営者のカリスマ性や、経営理念、技能
などを加えたものが知的資産です。

 

知的財産=「知的財産権(特許など)」+「営業秘密やノウハウなど」

知的資産=「知的財産」+「経営理念や技能など」

 

知的資産経営は、うちには特許・商標など知的財産は関係無い!
という会社でも、事業を継続できていれば関係のある、
役立つ経営手法です。
すなわち、全ての会社にあてはめることが出来る手法です。

 

知的資産経営コンサルティング業務は、
自分の積んできた専門業務に、新たな知的資産経営
という視点を盛り込むことで行政書士が取り組める
業務だと思います。

 

関連記事

  1. 特許明細書の作成
  2. 知的財産管理技能士の活躍する場所
  3. 知的資産経営その27(意匠権活用戦略)
  4. 知的財産権講座第141回:商品のネーミングを商標で守ることが大切…
  5. 知的財産権講座第129回:楽しく学ぶ著作権・問題編
  6. 知的財産権講座第213回:登録商標の使用
  7. 知的財産権講座第198回:著作権の登録
  8. 知的財産権講座第30回:著作権の利用

最近の記事

PAGE TOP